コンテンツにスキップ

Miller Heiman Groupを支えるリーダーのご紹介

Byron Matthews

Byron Matthews

社長&最高経営責任者

Byron Matthewsは世界中にある企業が顧客と長期にわたる関係を築き、管理し、維持するために全体的なアプローチを提供する、というMiller Heiman Groupのコミットメントを先導しています。

20年以上の経験を有するByronはフォーチュン500に名をつらねるいくつかの企業の顧問を務め、セールス組織を導いてきました。

Microsoft、AT&T、Samsung、またCoca-Colaなどの業界リーダーと協働して、パイプラインおよび収益管理ソリューションの開発、セールス方法論の実施、セールス管理プロセスと報酬プランの最適化、および評価とリクルートに関連する能力モデルに取り組んできました。

Byronは、Aflacの営業部長として複数のチャネル を通して30,000人以上の営業担当者を指導し、Mercerでグローバルセールスリーダーおよびセールスパフォーマンスプラクティスのグローバルヘッドを5年以上務めた経歴があります。

Byronは、カンザス大学で学士号を取得し、シカゴ大学で経営学修士号を取りました。

Tom Werle

Tom Werle

人事部長

Tom Werleは市場進出戦略の分野で様々な組織変革を指導してきた10年以上の経験を持ちます。

彼は、特にデジタルイネーブルメントの価値に焦点を当てた顧客エンゲージメント、製品マーケティング、営業活動および営業最適化において専門知識を有しています。

Miller Heiman GroupでTomは優先戦略イニシアティブを指導し、幹部チームが特定の成長目標を達成できるよう働きかけてます。
Miller Heiman Groupに加わる前、Tom{/t1}{t2}はAccenture’s Advanced Customer Strategy(アドバンス顧客戦略)業務において顧客エンゲージメントチームを指導し、The Nielsen Companyの顧客マーケティングソリューションを開発しました。

TomはUniversity of Illinois の学士号とUniversity of Michiganの修士号を持っています。